LastRootsを運営している代表の経歴や企業理念について

LastRootsの代表

LastRootsは仮想通貨の運営を目的として設立された企業で、代表を務めている方の経歴も経営関連の事業に優れた能力を保有している人物が務めています。
彼の企業理念を理解するにはまず仮想通貨の成り立ちから知る必要がありますが、仮想通貨は長い歴史の中で生まれたものではなく2016年に正式に国内で法令が整備された新しい通貨システムになっています。
2017年4月現在では法令整備から1年も経過していないため、まだまだ仮想通貨を運用している企業は手探りで事業を展開している傾向があります。

しかしそれと同時にLastRootsの代表はビジネスチャンスであるとも捉えており、自分の経験を活かして仮想通貨を運営するための会社を設立しました。

それがLastRootsになるのですが、何の計算もなくこの会社を設立したわけではなく彼には数々の起業を行いそのCEOを務めているという経歴を生かした上での判断でした。

特に海外のコンサルティングサービスを提供した実績は世界中の注目を集めており、サービス内容もモバイルやスマホ関連を含めたIT技術や支援アライアンス交渉や支援等も行っているので、仮想通貨に必要なIT技術を支援サポートに関するノウハウに関しては誰よりも熟知していると言えます。
またソリューションビジネスに関しても展開しており、買収交渉や現地法人の立ち上げ支援等起業家として起業をサポートするような事も行っているのでその才能は再現がないと評価されている程注目を浴びている人物です。

ここまで注目を浴びている理由には日本のビジネス特性が深く関係していて、日本は生産拠点等を海外に置く事が多くなってはいますが海外展開が苦手な企業が多いというのが多くの専門家の認識になっています。
そのためイレギュラーな経済情勢の被害を受けやすくなっているので、その中で彼のサポートする事業は大変役立っていると多くの企業から評判を獲得している状況です。
しかしこういったサポートはまず企業の原動力の源になっている所からサポートしなくては、日本国内の経済情勢はよくなりません。
そこで彼のとった方法がビジネス大学の准教授としての赴任です。

赴任した大学ではグローバル経営学科とソリューション学科が存在しており、まさに彼の得意としている分野が教えられる環境なのでここで彼は存分に自分の知識や体験を生かして日本の原動力の源である学生の成長をサポートしています。
この二つの学科のコンセプトとしてはリーダーシップを発揮できる人間の育成を目的としており、それぞれ違った分野でのリーダーを育てる事を目的としています。

特に経営者や新規事業開発責任者を育てるために設立されたグローバル経営学科は人気で、彼の影響で授業の密度も濃くなっている点が大きな魅力の一つです。
またITソリューション学科についても起業家や独立を目指すスペシャリストの育成や、新規事業の展開方法等も教える事ができるのでビジネスに関してこの大学は日本の経済を支える大学になっているといっても過言ではありません。

仮想通貨の運用へ

この様にしてLastRootsの代表はあらゆる人や企業に自分の経験を生かしたアドバイス等の支援を行っているため、継続的に新しい経済に関する情報が必要になってきます。
経済はただの学問ではなく日によって大きく状況が変わるのでそれに合わせた知識が必要になってくる事も多く、ましてや仮想通貨の運用をサポートするとなるとそれ以上の知識が必要になってきます。
そこで自分の経験をさらに奥深くするために彼は証券会社の総合研究所に所属する事で、経済情勢の最先端を学べる環境を用意しました。
ここでは上級コンサルタントという肩書をもってはいますが、金融ITソリューションや産業ITソリューション等仮想通貨に必要な情報を手に入れられるようになっておりさらにはIT基盤サービスの事業も行っているため、これ以上ない経済情報の研究所として存在しています。
中でも金融機関向けのソリューション事業は投資信託の銀行へのサポートを行うという実績をもっており、金融関係の運用経験を積むには最適な職場と言えます。

さてここまで経験を積むとそれを活かした本格的な仮想通貨運用の実績が必要になってきますが、勿論この点についても考えておりモバイルサービスを提供している企業のVPとしての肩書も持っています。
モバイルサービスの中でもゲーム関連に重点を置いた企業であるため、仮想通貨の運用経験をどこよりも積む事ができ自分が運用する時の参考にする事ができるのです。

特にVPとして所属している企業は会社独自の仮想通貨を発行しており、それを使う事で様々なサービスをユーザーが受けるといった内容なので仮想通貨サービスの新しいアイディアの発想にも大きく貢献する事になります。
そして仮想通貨の運用でもう一つ欠かす事のできない業種がクラウドソージングです。
現代では不安定な雇用形態の影響もあり副業をする方が増えていますが、その大きな柱となっているのがクラウドソージングであるため仮想通貨のもう一つの利用頻度の多い市場になっています。
クラウドソージングの多くの企業は金融機関との連携をしている事も多く、仮想通貨を現実の通貨としてユーザーに提供するサービスの参考にする事もできる現場になっています。
それに加えてこの現場では日本国内という狭い範囲ではなく海外展開に関する依頼案件を登録できるというシステムであるため、事業の規模も企業が用意した40か国のネットワークから最適な現地プロデューサーをマッチングさせるという通常のクラウドソージングとは規模の違うサービスになっています。
クラウドソージングという仕様上取引相手の顔が確認できる事が少ないのですが、この企業が提供するクラウドソージングではマッチングしたプロデューサーと対面して直接交渉するという形をとっています。

仮想通貨の利点

そのためクラウドソージングとしての信頼度も高く交渉が成立しない場合はサービス料が無料になるという仕様であるため、多くの企業が積極的にこのサービスを利用している傾向があります。
他にも月額USDで300を支払えば一か月の相談件数は無制限な上に、クラウドソージングの相談に関してはチャット機能やその他インターネット上に存在するコミュニケーションサービスを利用する事になるため密度の濃い相談ができます。

ただし月額料金を支払わなくても依頼案件の登録は無料なので、無駄にコストを肥大化させて事業資金を圧迫させる事がない点もこの企業の良い点です。
そして現地のプロデューサーと交渉が成立した時のサポートにも備えた活動も行っています。
それが海外出張者やシンガポール発の海外旅行者へ向けたWIFIサービスの提供です。
近年ではスマートフォンで簡単に仮想通貨を含めた金銭の取引が行える影響もあり、個人投資家が非常に多く増えています。

またそうでなくともスマートフォンで手軽に投資等の取引ができる環境は多くの企業家が必要な環境でもあるため、その需要にマッチした事業展開をしています。
この様にLastRootsの代表が保有している経歴は仮想通貨に必要な汎用性の高い企業理念を十分に満たす事ができ、それを会社に反映しているので円滑な仮想通貨運用サービスが実現できています。
その証明として他社が開催している経営サミットで受賞するという経歴も持っているので、信頼という点においても大変優れた企業である事は間違いありません。