株式会社フィスコ仮想通貨取引所を運営している代表の経歴や企業理念について

株式会社フィスコ仮想通貨取引所は、2016年4月12日に設立され、越智直樹氏が代表に就任しました。フィスコ仮想通貨取引所は、東京都港区南青山に所在地がありますが、登記上の本店所在地は、大阪府岸和田市荒木町になっています。

株式会社フィスコ仮想通貨取引所は、モナコインやビットコインなどの仮想通貨の取引所運営、仮想通貨取引所の仲介、仮想通貨のファイナンス、仮想通貨を利用した金融派生商品の開発、運用、仮想通貨の取引所運営についてのシステム開発、販売、コンサルティング、そのほかの仮想通貨に関する一般的サービスなどを事業内容にしています。

株式会社フィスコ仮想通貨取引所の企業理念は、「安心、安全なトレードを、あなたに」であり、取引手数料無料で仮想通貨取引が行える体制が整備されています。株式会社フィスコ仮想通貨取引所で取引を行う場合、簡単にメールで登録をすることができ、本人確認まで済めば、ビットコインなどの仮想通貨取引が簡単に行えます。

株式会社フィスコ仮想通貨取引所は、安全に顧客に取引をしてもらうため、セキュリティ、許容量、運営面で堅固なサービス運営体制を敷いています。また、取引開始後、高機能チャートや通知機能、API、二段階認証、信用取引などが使用できます。

フィスコ仮想通貨取引所の代表である越智氏は、主に金融関連の経歴を歩んできました。ITコンサルタントや投資会社のM&Aアナリストなどを経て、投資支援サービスを提供する株式会社フィスコに入社しています。2016年4月12日に、フィスコ仮想通貨取引所が設立された際、代表に就任しています。越智氏は、株式会社フィスコ入社後、株式アナリストとして、鉄鋼や非鉄金属分野の担当をしており、様々な雑誌などにも登場して、コメントを発信していました。

越智氏は、日々のマーケットの動きに動じることなく、道化にある現実の変化などから、これからやってくる大きなうねりの兆候を読み取り、新しい投資テーマを提供することをモットーにアナリスト業務を行っていたようです。

2016年8月29日に、フィスコ仮想通貨取引所がビットコイン取引所の運営を開始しています。ビットコイン、モナコイン取引所である「Zaif」を運営しているテックビューロ株式会社から取引システムを導入しており、取引所スタート時点から流動性が確保されていることが、フィスコ仮想通貨取引所のビットコイン取引所の特徴になっています。