テックビューロ株式会社を運営している代表の経歴や企業理念について

テックビューロ株式会社は、大阪府大阪市西区に所在地を置くブロックチェーン技術の開発会社です。暗号通貨と仮想通貨から発生したブロックチェーン技術ですが、それらを活用しようとするにはある程度の見識の経験が必要になります。テックビューロ株式会社は、そのような企業をテクノロジーの観点からサポートするラボ(研究所)のような存在です。

テックビューロ株式会社が提供しているビットコイン取引プラットフォームである「Zaif」では、1日最大20億円以上の取引が行われています。ブロックチェーン技術を、もっと身近な存在にすることを企業理念に置いているテックビューロ株式会社は、日本最大のブロックチェーン業界団体であるブロックチェーン推進協会BCCCでの啓蒙活動を行っています。

日本のブロックチェーン技術は世界でもトップクラスであるというメッセージを、テックビューロ株式会社は世界中に向けて発信し続けています。テックビューロの代表である朝山貴生氏は、経営者として華麗な経歴を持っています。

朝山氏は、1994年に関西の名門私立高校である関西学院高等部を卒業後、1998年に同じ系列の学校である関西学院大学商学部を卒業します。株式会社Overtex、4D Matrix Incを立ち上げ、現在のテックビューロを創業しています。

株式会社Overtexは、大阪府大阪市とアメリカ・カリフォルニア州サンノゼにオフィスを構えています。株式会社Overtexは、1996年に日本で個人事業として創業され、当時の社名は「有限会社あさやまかんぱにぃ」でした。輸入玩具などをインターネット通販する会社として、朝山氏が個人で事業を始めました。

その後、インターネットデザインのサービスを始め、バナーエクスチェンジなどのトラフィック交換システムを開発するなどして事業を拡大していきます。日本での、アメリカのクレジットカード決済サービスの販売代理店業務も行いました。

1997年になると、日本からすべての業務をアメリカのシリコンバレーに移し、カナダ企業のASP式クリック広告システムの販売代理業務を開始しました。

1998年に朝山氏は、アメリカのシリコンバレーに4D Matrix Incを設立し、アフィリエイトシステムの開発とライセンス・セールスの業務を開始しました。2001年に4D Matrix Incの日本支店を開設し、2003年に4D Matrix株式会社を日本で設立しました。