コインチェック株式会社を運営している代表の経歴や企業理念について

コインチェック株式会社は、2012年8月28日に設立され、東京都渋谷区恵比寿に所在地を置いています。2017年1月末時点で、18名の従業員を擁しています。コインチェック株式会社は、一般社団法人日本ブロックチェーン協会監事、一般社団法人日本仮想通貨事業者協会正会員、一般社団法人FinTech協会会員になっています。

コインチェック株式会社は、「支払いを、もっと便利に、快適に」を企業理念としており、新しいテクノロジーを開発することによって、世界の人たちをもっと豊かに、もっと幸せにできるとコインチェックはテクノロジーの力を信じています。

コインチェック株式会社の代表は和田晃一良氏で、2009年に東京工業大学に入学しました。和田氏は、東京工業大学の3年次から、インターネットウェブアプリを製作する会社でアルバイトを始めた経歴を持っています。

和田氏は、東京工業大学在学中に就職活動を行い、サイバーエージェントから内定が出ていました。しかし、サイバーエージェントへの入社をやめて、エンジニアとしてコインチェック株式会社の前身であるレジュプレス株式会社を創業します。和田氏は同時に、「STORYS.JP」を立ち上げ、自分の人生ストーリーを投稿するサイトの運営を開始しました。100万部以上の売り上げを記録した「ビリギャル」は、「STORYS.JP」から生まれた実話です。

レジュプレス株式会社は、2015年8月に東京証券取引所マザーズ市場に上場している株式会社セレスと資本業務提携を結びました。レジュプレス株式会社が、2014年8月にサービス運営を開始したビットコイン取引所「Coincheck」は、
「日本で一番簡単にビットコインが買える取引所」を目標にして改善が続けられ、現在では、日本最大級の仮想通貨取引所に成長しました。

2017年3月に、レジュプレス株式会社は社名を現在のコインチェックに変更しました。和田氏は、コインチェックの経営者の仕事をしながら、エンジニアとしてシステム開発にも従事しています。「STORYS.JP」のサービスが確立され、一定の顧客層をつかんだことで黒字化を達成し、新しいビジネスであるビットコイン取引所を設立するところに、和田氏のチャレンジ精神を垣間見ることができます。

ビットコインの一番の利点を、和田氏は「管理人がいないこと」であると述べている。ビットコインには、発行国の規制がなく、インターネット上での送金も非常に簡単です。今後も拡大が見込まれるビットコイン市場の担い手として、和田氏の挑戦は続きます。